暮らしについて

カブトムシの幼虫が成虫になり、育て方を学んでいます

2024/7/10

昨年の秋頃から育てている幼虫のカブトムシ2匹が、無事に成虫になってくれました。 成虫からの寿命は、約2~3ヶ月。幼虫期間の約1年を含めると、その命の期間を大切にしようと思います。 カブトムシの幼虫が、成虫になりました オスとメスの1匹ずつです。 カブトムシの育て方は、学び始めたばかり。 自然界でのカブトムシは、木の枝や幹など何かしらにつかまって過ごすことや、体の重心が背中側などその他の理由から、地面を歩くのは苦手だそうです。そのため、マットにカブトムシを放つと、何度も転倒していました。 ですので、まずはカ ...

ReadMore

料理について

にんにくとじゃがいもを収穫しました

2024/6/28

昨年の9月に植え付けたにんにくと、3月に植え付けたじゃがいもが収穫を迎えました。 にんにくやじゃがいもは、玉ねぎと同様に常温で保存ができるので、長く料理に使えます。 にんにくを収穫 地上部の葉が、全体の3〜5割ほど枯れてきたら収穫します。 収穫は、晴天が続いたときに行います。 収穫後は、数日ほど畑や軒下に並べて乾かしておきます。 風通しがよく、雨や射日光が当たらないところに吊るしておくと、長期保存ができます。 万能調味料のにんにくは、香りだけでも元気がもらえます。 リンク じゃがいもを収穫 地上部の茎葉が ...

ReadMore

料理について

タサン志麻さんの著書「志麻さんのベストおかず 料理のきほん編」で、自分らしく料理を楽しみましょう

2024/6/27

今まで、料理に対する基本的な知識もなく、レパートリーもないためさまざまなレシピを参考してきました。ですが、なぜそうするのかを考えることもなく、ただそこに書かれていることを淡々と行っていました。 また、料理は"家族のためにしなくては"という思いが強く、知識もないのでただ作り続ける自分に疲れることもしばしば。 そんなとき、テレビや雑誌でよく拝見する、伝説の家政婦 タサン志麻さんのお話を聞いたりレシピを見たりしていると、料理に対してなんだか肩の荷が下りるようか感覚がありました。そこで、もっと自分らしく気楽に料理 ...

ReadMore

畑について

夏野菜の収穫が始まりました

2024/6/25

6月も後半になり、夏野菜の収穫が始まっています。 毎日採れる野菜だからこそ、感謝を忘れないようにしたいです。 夏野菜の収穫が始まる こちらはきゅうり。 実り始めから収穫までを見ていると、嬉しい気持ちになります。 ピーマンやパプリカ。 ししとう。 にんじん。 トマトやミニトマト。 なすび。 採れたての野菜を洗います。 リンク 赤色や黄色になる前のパプリカとピーマン。 双方の品種は違いますが、その違いが分からないほど形や中身がよく似ています。 きゅうりは良く採れるので、丸ごと冷やし塩をつけて丸かじりするとたく ...

ReadMore

料理について

玉ねぎ料理を楽しむ

2024/6/21

6月ももう後半が近づいています。 そんな我が家では、たくさんの玉ねぎが収穫を迎え、さまざまな玉ねぎ料理を楽しんでいます。 玉ねぎ料理を楽しむ 玉ねぎは、どんな料理にでも合うので、毎年畑にたくさんの苗を植え付けています。 収穫は、土が乾いている晴れた日に行います。 地上で茎葉がおおむね乾燥させます。 収穫後は、3〜4個ずつ葉のつけ根を紐で縛って束ねることで、長期保存することができるのも嬉しいポイントです。 また、切り方を変えると料理の幅が増えるので、使う楽しみが広がります。 リンク 切り方次第で、味わい方に ...

ReadMore

料理について

獲れたての鮎で、鮎の山椒煮を作る

2024/6/17

川の上流で、父が投網を使って鮎を獲ってきてくれました。 その新鮮な鮎で、鮎の山椒煮を作ります。山椒煮は、鮎を甘辛く佃煮にしたものです。 鮎の山椒煮を作る 父が投網で鮎を獲るのは初めて。とても難しいようです。 そんな貴重な鮎で、鮎の山椒煮を作ります。 美しい鮎たち。清涼感のある、独特の香りがします。 大きいもので、私の手のひらほどの大きさがありました。 鮎のなかには、ハゼに似た"ゴリ"と呼ばれる魚も4匹いました。 ぬるぬるとした、小さな魚です。 リンク ゴリは唐揚げや卵とじにすると美味しくいただけるようです ...

ReadMore

道具について

DULTON(ダルトン)の歯ブラシ立て「4 HOLES TOOTHBRUSH HOLDER SATIN(4 ホール トゥースブラシ ホルダー)」で、歯ブラシを清潔に

2024/6/14

毎日使う歯ブラシは、家族で1人1本使っていると、どうしても洗面周りが乱れてきます。そのため、何本もある歯ブラシは決まったホルダーに立てるだけで、すっきりとした状態に保てます。 そこで、DULTON(ダルトン)の歯ブラシ立て「4 HOLES TOOTHBRUSH HOLDER SATIN4(4 ホール トゥースブラシ ホルダー)」で、家族の歯ブラシを清潔に使います。 4 HOLES TOOTHBRUSH HOLDER SATIN(4 ホール トゥースブラシ ホルダー) DULTON(ダルトン)は、1988年 ...

ReadMore

料理について

旬の野菜でサラダを作る

2024/6/7

6月に入り、玉ねぎやそら豆・レタスが収穫時期を迎えています。 そんな旬の採れたて野菜で、彩り鮮やかなサラダを作ります。 紫玉ねぎ・そら豆・レタスでサラダを作る 今年は一般的な玉ねぎに加え、少量ですが新たに紫玉ねぎも育てています。 貴重な量の紫玉ねぎ。 薄くスライスして。 リンク 水にさらします。 リンク そら豆は、空に向かってさやが上向きにつくことから、そら豆(空豆)といわれています。 中を開けるとふかふかの白いワタがあります。こちらは皮ごと丸ごと焼いて、スプーンなどでそいで食べることもできるようです。 ...

ReadMore

道具について

MOLESKIN(モレスキン)のノートブックに、日々の記憶を

2024/6/2

普段はパソコンやスマートフォンでの作業が圧倒的に多いので、手書きでメモを取るといったことは極端に少なくなりがちです。そのため、全く手書きをせずに一日が終わることもあります。ですが、手書きすることは脳を鍛えてくれるなどのメリットを考えると、やはり"自分の手で書く"ことは大切にしていきたいです。 ノートブックは、使う場面や保管する場所など、用途に応じてどのようなサイズや使用感のものを使うのかは変わってきますが、私は自由にメモやスケッチすることができる、ハードカバーで無地の「MOLESKIN(モレスキン)」のク ...

ReadMore

道具について

ニトリのハンガーは、お値段もお手頃でデザインもシンプル。

2024/5/10

毎日の衣類選びは、すっきりしたクローゼットのなかから選びたいもの。また、枚数が多ければ多いほど、たくさん収納できて軽いものがいいです。 そんなときに、お値段もお手頃でシンプルなデザインのニトリのハンガーを使っています。 今まで、クリーニング店から持ち帰ったものや昔から使っていたものをたくさん併用しながら使っていました。ですが、一式ハンガーを揃えて整頓するだけで、これまで感じていたストレスがなくなります。 ニトリのハンガーたち ニトリのハンガーは、衣類の種類や用途に応じて、たくさんの素材や形をしたものがあり ...

ReadMore

New posts

暮らしについて

2024/7/10

カブトムシの幼虫が成虫になり、育て方を学んでいます

昨年の秋頃から育てている幼虫のカブトムシ2匹が、無事に成虫になってくれました。 成虫からの寿命は、約2~3ヶ月。幼虫期間の約1年を含めると、その命の期間を大切にしようと思います。 カブトムシの幼虫が、成虫になりました オスとメスの1匹ずつです。 カブトムシの育て方は、学び始めたばかり。 自然界でのカブトムシは、木の枝や幹など何かしらにつかまって過ごすことや、体の重心が背中側などその他の理由から、地面を歩くのは苦手だそうです。そのため、マットにカブトムシを放つと、何度も転倒していました。 ですので、まずはカ ...

ReadMore

料理について

2024/6/28

にんにくとじゃがいもを収穫しました

昨年の9月に植え付けたにんにくと、3月に植え付けたじゃがいもが収穫を迎えました。 にんにくやじゃがいもは、玉ねぎと同様に常温で保存ができるので、長く料理に使えます。 にんにくを収穫 地上部の葉が、全体の3〜5割ほど枯れてきたら収穫します。 収穫は、晴天が続いたときに行います。 収穫後は、数日ほど畑や軒下に並べて乾かしておきます。 風通しがよく、雨や射日光が当たらないところに吊るしておくと、長期保存ができます。 万能調味料のにんにくは、香りだけでも元気がもらえます。 リンク じゃがいもを収穫 地上部の茎葉が ...

ReadMore

料理について

2024/6/27

タサン志麻さんの著書「志麻さんのベストおかず 料理のきほん編」で、自分らしく料理を楽しみましょう

今まで、料理に対する基本的な知識もなく、レパートリーもないためさまざまなレシピを参考してきました。ですが、なぜそうするのかを考えることもなく、ただそこに書かれていることを淡々と行っていました。 また、料理は"家族のためにしなくては"という思いが強く、知識もないのでただ作り続ける自分に疲れることもしばしば。 そんなとき、テレビや雑誌でよく拝見する、伝説の家政婦 タサン志麻さんのお話を聞いたりレシピを見たりしていると、料理に対してなんだか肩の荷が下りるようか感覚がありました。そこで、もっと自分らしく気楽に料理 ...

ReadMore

畑について

2024/6/25

夏野菜の収穫が始まりました

6月も後半になり、夏野菜の収穫が始まっています。 毎日採れる野菜だからこそ、感謝を忘れないようにしたいです。 夏野菜の収穫が始まる こちらはきゅうり。 実り始めから収穫までを見ていると、嬉しい気持ちになります。 ピーマンやパプリカ。 ししとう。 にんじん。 トマトやミニトマト。 なすび。 採れたての野菜を洗います。 リンク 赤色や黄色になる前のパプリカとピーマン。 双方の品種は違いますが、その違いが分からないほど形や中身がよく似ています。 きゅうりは良く採れるので、丸ごと冷やし塩をつけて丸かじりするとたく ...

ReadMore

料理について

2024/6/21

玉ねぎ料理を楽しむ

6月ももう後半が近づいています。 そんな我が家では、たくさんの玉ねぎが収穫を迎え、さまざまな玉ねぎ料理を楽しんでいます。 玉ねぎ料理を楽しむ 玉ねぎは、どんな料理にでも合うので、毎年畑にたくさんの苗を植え付けています。 収穫は、土が乾いている晴れた日に行います。 地上で茎葉がおおむね乾燥させます。 収穫後は、3〜4個ずつ葉のつけ根を紐で縛って束ねることで、長期保存することができるのも嬉しいポイントです。 また、切り方を変えると料理の幅が増えるので、使う楽しみが広がります。 リンク 切り方次第で、味わい方に ...

ReadMore